甘いものが止められないなら、プロテイン飲んでみませんか?
Free-Photos / Pixabay

最近、代謝を上げる為に、朝プロテインを始めたら、甘いものが欲しいと思わなくなりました。

毎日のおやつにケーキやシュークリームは当たり前。食後には必ず甘いもの。そんな、【甘いものが生きがい】だって位食べていたのに一体どうして?


そもそも、どうして日頃

毎日甘いものが欲しかったのか??

調べてみると、どうやら
体の疲れやタンパク質不足が原因のようです。

少しだけ詳しく説明していきたいと思います。

原因1.体の疲れ(自律神経失調症・副腎疲労)

気候や環境による変化のストレスで起こる
自律神経失調症や副腎疲労。

寒暖差、気圧変化、湿度などで、
頭痛、目眩、ダルさが取れない…

そんな場合、脳は糖質を求めます。

私自身、夏の間は、そうでも無いけど、寒くなってくると、甘~いクリームやチョコが恋しくなって来ます…(ゴクリ)

特に体に不調を感じていない人でも、
季節の変わり目や肌寒くなる時期は何となく甘いものが欲しくなる…と感じるのであれば、自律神経や副腎が弱っているのかも知れません。

原因2.タンパク質不足

大人が1日に必要なタンパク質は、
男性60g、女性50g、と言われています。

それよりも少なくなると体はエネルギーを欲し、直ぐに変換できる糖質を求めます。

お肉が苦手。元々食が細い。
でも、ついつい甘いものは食べちゃう…

そんな人は、プロテインでタンパク質を
補ってあげると良いかも知れません。

初めてのプロテイン、どれを選んだら良い??

プロテインで気になる事と言えば、
味はどうなのか?
何由来のタンパク質なのか?
どれ位の運動量で、どれだけ飲めば良いのか?

という点でしょうか。

昔はプロテイン=不味いのイメージでしたが、今は大分改良されて、比較的飲みやすくなりました。

しかし、嗜好品では無いので、多少のクセは覚悟しなくてはいけないかも知れません。
アセロラ・スポーツドリンク味など、色々出ていますが、バニラやチョコ味が、飲みやすく効果が高いと人気のようです。

成分としては、ホエイやガセインと言った動物性タンパク質、もしくは大豆から作られたプロテインが主ですが、珍しいものは、玄米やヘンプ(大麻)などもあります。
成分の違いで、人によっては、飲むと胃腸がもたれる、吹き出物が出来ると感じる方もいます。
そこは、試してみないと難しいところかも知れません…

運動してなくてもプロテインは飲んでも大丈夫?

また、運動量が少ない中でプロテインを飲むと、太るのでは?と思う人もいるでしょうが、

タンパク質が足りなくて、甘いものや間食をする位なら、取った方が良いです!

タンパク質を取り入れると、代謝も上がるので、容量を守れば、問題ありません。

私自身、毎日プロテインを飲んで、運動は週2回1時間程度です。時おり、体組織計で筋肉率と脂肪率を確認していますが、特に脂肪が増える事はありませんでした。

結論

季節の変わり目に弱く、どちらかというと虚弱体質で、特に寒くなってくると、甘いものが無性に欲しくなってくる人は、タンパク質不足の場合があるので、プロテインを摂取すれば、甘いものの欲求を減らせるかも知れません。

イルカの散歩では、扱いやすく、飲みやすいサプリを取り揃えてあります。

もし、気になる事があれば、お気軽にお声掛け下さいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事